妊娠中には自分でも驚く程体質の変化を感じることがあります。その中でも皮膚の黒ずみで悩まれている方は多く見られます。

 

黒ずみで気になる箇所で挙げられるのは脇、乳首や乳輪、デリケートゾーンがありますが、中でも脇は黒ずみがあると夏場は特にファッションが制限されてしまう箇所の為、改善したいと多くの人が悩んでいるはずです。

Sponsored Links

 

今回はその原因や改善するための方法をご紹介します。

 

妊娠中の脇の黒ずみの原因

kurozumi-taisaku

妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れる

妊娠中は肌が敏感になったり、肌質が変わったり、黒ずんだりと様々な変化が起きますが、それらの根本的な原因は女性ホルモンの変化です。

 

妊娠中は知っての通り、体内の、特に女性ホルモンが妊娠前に比べると著しく変化します。

 

女性ホルモンには2種類がありますが、そのうちのプロゲステロンは肌の状態に大きく関与しています。

 

妊娠中では、プロゲステロンが分泌されることで子宮の状態を良くして、胎児が成長しやすい環境に整えます。また、流産を防ぐ役割を果たすので妊娠には欠かせないホルモンになりますが、このホルモンは母体にも影響を及ぼします。

 

プロゲステロンの値が増えてホルモンのバランスが崩れるとイライラしたり、無気力、憂鬱になったりと情緒不安定になりやすくなりますのでストレスによって肌が荒れることがあります。

 

メラニンが増えて黒ずみができる

黒ずみはメラニンが多く分泌されることにより肌の代謝が追い付かずに出来てしまうものですが、分泌されたホルモンがメラニンの生成場所であるメラノサイトを刺激し、メラニンが肌の内部に増えてしまいます。

 

メラニンは適度であれば紫外線から肌を守る大切な役割を果たしますが、増えすぎると紫外線に対する肌の防御能力が弱まり、シミ、黒ずみが出来やすい状態になりますし、摩擦や強い刺激でもメラニンが分泌されて、同様にシミや黒ずみが出来やすくなります。

 

妊娠中ではメラニンが通常より増えることで黒ずみが出来やすいのに加えて、脇は妊娠中で無くとも黒ずみが出来やすい部位なので余計に黒ずみやすい部位になります。

 

更に妊娠中は体質が変わって刺激に弱い敏感肌になることが多い為、皮膚が薄く刺激を受けやすかったりメラニンの多い脇は黒ずみやすくなります。

 

妊娠中の脇の黒ずみの対策!

kurozumi-taisaku

Sponsored Links

脇は夏場は特に気になる部分ですし、オシャレにも支障をきたしてしまう可能性があるのでどうにかして黒ずみを解消したいものです。

 

妊娠中に出来た黒ずみは一時的なものとされていて産後しばらくすると徐々に薄くなるとされています。

 

薄くなって来る時期には個人差があり、産後のホルモンバランスが安定して来ると黒ずみも解消されてくると言われていますが、大体産後6か月程までにはホルモンバランスが元通りに安定すると言われています。

 

しかし、いくらいずれは治ると言われても、やはり気になりますよね。少しでも早く黒ずみを解消したいのであれば適切なケアをすることで皮膚の回復を早めて黒ずみを解消する方法があります。

 

肌への刺激を最小限に留める

妊娠中は上記で挙げた様に、敏感肌になる方も少なくありません。よって刺激を受けやすく、色素沈着を起こしやすい状態と言えます。

 

なので黒ずみをそれ以上増やさない為や、肌の回復を助ける為にも、肌への刺激は控えたいところです。

 

黒ずみが気になる部分はついしっかり洗いたくなってしまいますが、肌をゴシゴシと擦るのは黒ずみの原因となりますので辞めましょう。

 

ボディソープをしっかりと泡立てて、洗顔をする様に泡で優しく気になる黒ずみの部分を洗う様にしましょう。

 

また、脇はムダ毛も気になる部分ではあります。ムダ毛処理と言えばどうしても刺激が強くなってしまいますが、刺激を最小限にすることは可能です。

 

一番はエステ、クリニックへ行くことですが、妊娠中にレーザーを施術することは出来ませんので処理の仕方でも刺激が少ない電気シェーバーを利用しましょう。

 

しっかりと保湿する

シミや色素沈着の様に肌が黒ずんでしまった際には、基本のケアとして保湿をしっかりとします。

 

保湿によって肌本来のバリア機能を正常に働かせたり、新陳代謝をアップさせて肌のターンオーバーをしっかり行える様に働きかけることによって肌の細胞を新しく作り出し黒ずんだ部分を徐々に排除することが出来ます。

 

保湿作用のある、ヒアルロン酸、セラミドといった成分が肌に吸収されやすい形に成形されている商品も最近ではたくさん出て来ているので、そういった商品を活用すると良いでしょう。

 

ピーリングを行う

ピーリングは肌の古い角質を薬品やレーザー等を使って取り除いて、肌のターンオーバーを正常に働かせる方法ですが、肌には少々刺激が強いので、妊娠中の敏感になっている肌にはお勧めしません。

 

こちらの方法は産後試す様にして下さい。

 

ビタミンEを摂取する

アボカド、アーモンド、かぼちゃ等に多く含まれているビタミンEは肌を若返らせる効果のある強い抗酸化作用を持ちます。

 

また、血液をサラサラにすることによって肌の新陳代謝を活性化してくれたり、女性ホルモンの代謝が正常に働く様に手助けをしてくれる成分になります。

 

ビタミンEを日常的に摂取することで、肌のターンオーバーを正常にしたり、早めて黒ずみを改善してくれます。また女性ホルモンの分泌にも働きかけてくれるのでより黒ずみ改善に効果が期待出来、抗酸化作用と合わせて一石二鳥の成分になります。

 

 

Sponsored Links

以下は美容に効果的な記事を掲載しております。