光脱毛はデメリットの少ない脱毛方法と言われています。

 

 

しかし全く問題点がないわけでもありません。

 

Sponsored Links

 

多少なりとも肌にダメージを与えますので、

 

 

肌荒れの危険性は少なからずありますし、火傷を負うこともあります。

 

 

そんな中で施術直後のケアとして毛抜きをしてはいけないというものがあります。

 

 

それは本当なのでしょうか?

 

 

光脱毛後に毛抜きはダメ?

hikaridatsumou

光脱毛後にやってはいけないこと

まず光脱毛のメカニズムについてです。

 

 

光脱毛は髪の色素でもあるメラニンにのみに反応する光を照射することで、

 

 

毛根にダメージを与えます。

 

 

このダメージが毛を生えなくすることに繋がります。

 

 

しかしメラニンは当然体毛そのものにも含まれています。

 

 

そのため光脱毛の後は体毛が縮れたり、

 

 

燃えカスのように黒く焦げることがあるのです。

 

 

この体毛ですが、当然見た目としてもよくありません。

 

 

何とか処理したいという気持ちが芽生えるのも自然な事です。

 

 

しかし敢えてここでは何もしてはいけません。

 

 

肌荒れなどのトラブルの元となるためです。

 

 

そもそも光脱毛に際して、既に生えている毛の処理などは

 

 

エステや病院でも対応しません。これもトラブル回避のための処置です。

 

 

光脱毛の施術直後には幾つかやってはいけないことがあります。

 

 

運動、入浴、飲酒などです。

 

 

理由は汗です。

 

 

光脱毛は少なからず肌にダメージを与えます。

 

 

当然表皮にある汗腺も被害を受けます。

 

 

そのため汗をかきやすくなるためです。

 

 

汗をかけば次は当然臭いが気になるでしょう。

 

 

制汗剤や抑汗剤を使いたいという衝動に駆られます。

 

 

しかしこれらもよくありません。

 

 

制汗剤や抑汗剤といったものも肌にダメージを与えるためです。

 

 

少なくとも一週間は控えて下さい。

 

 

光脱毛は病院で行われるレーザー脱毛と比較して

 

 

照射する光の強さが抑えられているとは言われています。

 

 

そのため火傷などをすることは少ないですが、

 

 

汗をかきやすくなるという症状を止めることまではできません。

 

 

光脱毛後に毛抜きはダメ?

kenuki

運動などといった別の理由で禁止されていることとして毛抜きがあります。

 

 

これは発毛サイクル、毛周期を狂わせるためです。

 

 

体毛にはそれぞれ固有の発毛サイクルを有しています。

Sponsored Links

 

 

このサイクルは成長期、退行期、休止期の3つの期間で構成されています。

 

 

成長期とは毛が伸びている時期です。

 

 

この時期は毛根が皮膚下に伸びる毛細血管とも結びつき、

 

 

栄養や酸素の供給を受けています。

 

 

続く退行期は体毛の伸びが止まります。

 

 

毛根と血管は紐状に伸びた表皮細胞によって繋がってはいますが、

 

 

直接の結びつきはありません。

 

 

毛根自体も表皮側に浮き上がってきます。

 

 

最後に休眠期に入ると、退行期までは繋がっていた毛細血管との関係も途切れます。

 

 

毛根自体も退行期の頃より更に浮き上がり、

 

 

また根元に白い瘤のような塊が生まれます。

 

 

毛根のサイクルにおいて一番抜けやすいのはこの休眠期の終盤です。

 

 

毛根のサイクルは部位によって異なりますが、大体1年あれば1周します。

 

 

光脱毛の効果があるのはこの3つの期間の内では成長期だけです。

 

 

光脱毛が時間をおいて施術するのはできる限り多くの毛根の成長期に光を当てるためです。

 

 

毛抜きをすると、この毛周期が一旦停止します。

 

 

どの程度で再び毛が生えてくるから個人差によるため分かりません。

 

 

しかし確実に毛周期を狂わせるため、

 

 

施術日に毛根が成長期にない可能性が増えるのです。

 

 

それでも光脱毛後の毛が気になる人のために

kenuki

光脱毛後の毛抜きが駄目な理由は毛周期を乱すためです。

 

 

逆に言えば抜かなければ問題ありません。

 

 

カミソリなどで除毛すれば良いのです。

 

 

ただしカミソリでは慣れていないと誤って表皮を傷つけることもあります。

 

 

慣れるまでは扱いやすいシェイバーを使う方が良いでしょう。

 

 

ただしシェイバーでは除毛できる量が短いため、

 

 

再度処理が必要になるまでのサイクルが短くなります。

 

 

除毛クリームなどが使えるようになるまで2週間程度はかかりますので、

 

 

どちらを使うか考えておくと良いでしょう。

 

 

光脱毛の注意事項!デメリットは何?

kenuki

光脱毛の後はどうしても肌が熱くなっています。

 

 

ここでまず赤みやかゆみが出てくることがあります。

 

 

しかしこれは出やすいものであるため、

 

 

まずはローションや乳液などで肌を冷ましてあげてください。

 

 

しばらく様子を見ても赤みやかゆみが引かない時には施術を行ったエステに相談しましょう。

 

 

ここで使うローションや乳液は特別なものを使う必要はありません。

 

 

日頃使っているもので大丈夫です。

 

 

また肌のダメージから肌に密着するような衣服では擦れて痛く感じることがあります。

 

 

事前にあまり肌に触れないようなものを準備しておきましょう。

 

 

他には元々肌の弱い人などは水ぶくれのような異常が出ることもあります。

 

 

こちらは早めにエステに相談してみて下さい。

 

 

最後に、光脱毛はダメージの少ない脱毛方法ではありますが、

 

 

ダメージが皆無というわけではありません。

 

 

汗など予想外のことも起こります。

 

 

事前に準備しておいた方が良いものを確認しておくと良いでしょう。

 

 

Sponsored Links

以下は美容に効果的な記事を掲載しております。