普段感じることがない痛みを不意に感じると、自分の体に何か大きな異常が起きているのかと心配になります。

 

 

それが腫れなど目に見える変化まで伴っていると尚更です。

 

Sponsored Links

 

特に気になるのはデリケートゾーンの痛みです。

 

 

ではデリケートゾーンの痛みや腫れはどのような原因によるものでしょう。

 

 

デリケートゾーンに痛みや腫れの原因や症状

delicatezone-itami-hare

 

まず大切なのか痛みの種類です。

 

 

チクチクという針を刺すような痛みなのか、ズキズキという割れるような痛みなのか、

 

 

その痛みの感じ方で原因がかなり絞ることができます。

 

 

チクチクという痛みを感じる原因の代表格は下着によるものです。

 

 

そもそもデリケートゾーンは肌が弱いことが多いです。

 

 

そこで下着の素材や縫製の仕方、あるいは縫い合わせ部分が

 

 

肌に当たって擦れているために痛みを感じるということがあります。

 

 

デリケートゾーンが痛い時の対処法

この時の対処法はやはり下着の選び方です。

 

 

どうしても色やデザイン、あるいは値段などで選んでしまいがちですが、

 

 

素材や縫製にも注目して選ぶと良いでしょう。

 

 

下着だけを特筆しましたが、同じ状況で生理用品が原因となっていることもあります。

 

 

この場合も素材が肌に合っていないためです。

 

 

何度も痛みを感じているのであれば、

 

 

素材を確認した上で別のものに変更することも考えてみましょう。

 

 

またこういった擦れの痛みには小林製薬のフェミニーナシリーズが効果的と言われています。

 

 

ドラックストアや薬局などでも販売されており、価格も1000円から1500円と求めやすくなっています。

 

 

フェミニーナシリーズには副作用として痒みなどが発生することもありますが、

 

 

使用を続けていればそのまま治まることも多いです。

 

 

ただし妊娠中の方は使用する前に医師に相談することをお勧めします。

 

 

アレルギー反応による痛みの対処法

他にチクチクする痛みとしてアレルギー反応があります。

 

 

下着など衣服の素材によるアレルギーの他に、シャンプーやボディソープなど

 

 

使っている洗浄剤が体に合っていないという可能性もあります。

 

 

デリケートゾーンは肌の中でも刺激に弱い部位です。

 

 

これは洗浄剤の刺激に対しても同じことが言えます。

 

 

そのため、デリケートゾーン専用の石鹸というものも現在では多く存在しています。

 

 

とはいえこういったデリケートゾーン専用石鹸であっても

Sponsored Links

 

 

肌に合わないものがある可能性は十分にありますので、

 

 

少量お試しで使ってみることからお勧めします。

 

 

ズキズキする痛みの原因とは

こちらは性器ヘルペスやバルトリン腺炎など重い症状に繋がることが多いです。

 

 

これらの原因として大きいのはデリケートゾーンに細菌やウイルスが侵食してきたことが挙げられます。

 

 

この他にもデリケートゾーンに関する病気としてカンジダ膣炎やベーチェット病などがありますが、

 

 

これらも細菌やウイルスが原因と見られています。

 

 

細菌やウイルスが原因と書くと、これらの病原菌を撃退すればいいのかという考え方もあるかもしれません。

 

 

しかしそれは危険です。現在の技術では特定の菌だけを狙うということは困難で、

 

 

肌に有益な菌も同時に撃退してしまうことが多いからです。

 

 

デリケートゾーン専用石鹸の中にも抗菌や殺菌を謳ったものがありますが、

 

 

こういったものは返って病原菌の繁殖を助長してしまうこともあるため注意して下さい。

 

 

また、ホルモンバランスが悪くなることで免疫力が下がります。

 

 

それによってデリケートゾーンが痛むこともあります。

 

 

日常生活の中でも食生活を整えるなどホルモンバランスを整えることを心がけましょう。

 

 

デリケートゾーンを触ると痛いのは危険信号!?

delicatezone-itami-hare

 

結論から言うと炎症を起こしている可能性が高いです。

 

 

まず炎症以外で考えられる可能性は下着や生理用品による擦れとアレルギーの2つです。

 

 

この2つが違った場合は、絶対とは言えないものの高い確率で炎症になっていると言えるでしょう。

 

 

とはいえ始めから炎症を疑い無闇に心配する必要もありません。

 

 

下着の素材や通気性の悪さから来る蒸れが原因であることの方が多いからです。

 

 

デリケートゾーンの炎症の多くは細菌やウイルスの侵食によるものです。

 

 

しかしカンジダ膣炎に関しては少し事情が違います。

 

 

カンジダ膣炎の原因

カンジダ膣炎は細菌によって引き起こされますが、

 

 

カンジダ膣炎を引き起こすカンジダ菌は侵入してきたものではなく、

 

 

元から体表や消化器官内、女性であれば膣内に普通に存在しているものであるためです。

 

 

そんな細菌が痛みを発症させるようになる原因はやはり免疫低下と言われています。

 

 

また体調不良やストレス、抗生物質の使用による菌バランスの変化でも発症します。

 

 

まとめ

最後に、デリケートゾーンの痛みや腫れを始めから過剰に心配する必要はありません。

 

 

まず疑うべきは下着や生理用品です。

 

 

続いてシャンプーやボディーソープによるアレルギーの有無を確かめてみて下さい。

 

 

それでも痛みや腫れが数日引かない場合は病院に行くことをお勧めします。

 

 

Sponsored Links

以下は美容に効果的な記事を掲載しております。